青汁とは

青汁と名のつく商品は今ではたくさんの種類が出回っています。以前は「まずい、もう一杯」のCMで有名な青汁が九州地方を中心に販売されていました。ですが、このCMと商品が全国で話題となり、全国展開されると続々と味の改良された青汁が作られるようになったのです。

青汁の定義は「緑黄色野菜を絞った汁」です。色は緑なのに「青」と表現されるのは野菜のことを青菜と表現する日本古来の呼び方に起因しています。青果店も青菜を扱うことから付けられた名前ですし、緑色の信号を青信号と呼ぶことからなどからも日本において緑のことを青と呼ぶ慣習があるのであまり違和感はないかもしれませんね。

青汁は健康食品に分類されています。粉末状になっていて溶かして飲むのが基本です。水に溶かして飲むのが主流ですが、はちみつを混ぜて甘くしたり、料理にまぜることで飲みやすくするアレンジ方法も様々なものが紹介されています。昔のまずいけれどまずければまずいほど身体に効いてそう、というイメージとはかなり違ったものとなっていて初めての人にも挑戦しやすくなっています。

人間だけではなく、ペットの野菜補給としても使われることがあるようで、常用食に混ぜたり、病気の際だけ飲ませたりと栄養分の補給に役立てられているようです。ちょっと贅沢なようですが、野菜の栄養分がぎゅっとつまっているのでペットの健康にも効果があるのもわかる気がします。

緑黄色野菜を絞った汁を乾燥させ粉末状にしたものを再度水に溶かして飲むもの、もしくは絞った状態で飲むもの、というのが青汁の定義のようです。

飲みやすい青汁ランキング

1位

神仙桑抹茶ゴールド

抹茶風味の飲みやすい青汁です。
お茶を飲むのと変わらないくらい飲みやすいですよ!
お子さんからご高齢の方まで人気のある飲みやすい青汁
神仙桑抹茶ゴールド」です。

桑の葉を主成分に栄養豊富な原料で作られています。

『お茶村の桑抹茶青汁』全額返品保証付
2位

ふるさと青汁

こちらの青汁「ふるさと青汁 」も飲みやすい青汁では人気の青汁です。
ふるさと青汁 」もケールではなく明日葉を主成分に使用しています。
明日葉は栄養が豊富です、青汁が苦手な方に少量で栄養分が豊富な明日葉青汁「ふるさと青汁

安心!キレイ!どっさり!あしたば青汁のヒミツ!
3位

美感青汁

新感覚の食べる青汁「」
ゼリータイプの食べやすい青汁です、青汁を飲み終わった後の喉に残る感じがありません。
子供のも大人気の食べる青汁「美感青汁

外出先でもすぐに食べれますよ!
忙しい人にはもってこいの青汁が「美感青汁

新感覚ジェルタイプ青汁「美感青汁」
4位

初摘み若葉青汁

大麦若葉が原料の飲みやすい青汁「初摘み若葉青汁
大麦若葉の中でも初摘みのカルシウムが多く含まれる原料を使用しています。
野菜不足とカルシウム不足に不安がある方はこの「初摘み若葉青汁」が手っ取り早く栄養補給が出来ますよ!
飲みやすいのも人気の秘密です。

健康家族のカルシウムもとれる初摘み若葉青汁
5位

やずやの「養生青汁」

やずやの飲みやすい青汁「養生青汁
六条大麦若葉を原料の栄養満点の青汁です。
粉末の小さく水に溶けやすいので飲みやすさは倍増ですよ!野菜不足にお悩みの人はやずやの「養生青汁

やずやの「養生青汁」の効果を見る

青汁ランキング6位〜10位を見る