ケールの青汁

青汁や野菜の入ったジュースなどでよく見かけるケールですが、実物を見たり食べたことのある人は少ないのではないでしょうか。ケールはアブラナ科でクシュクシュとした葉っぱがついた丸くならないキャベツのような野菜です。実際、キャベツの一種という扱いになっていますがみなさんが思い浮かべるキャベツよりもケールのほうが色は濃いです。

色は緑色で温暖な気候の場所では一年中栽培ができるようです。地中海沿岸で多く栽培されていて、品種はジューシーグリーン、スウィートグリーン、黒キャベツに似ているカーボロリーフグリーン、パセリのように湾曲しているキッチン、柔らかい葉のサンバカーニバルの5つです。その中でもジューシーグリーンとスウィートグリーンは絞ったときの汁が多く取れるので青汁に向いている品種とされています。

栄養価はビタミンの含有量が緑黄色野菜の中でも多く、食物繊維なども豊富に含まれているので青汁でよく使われるようになったようです。対人に関しては緑内障の予防効果もあると言われていますが牛や羊が食べ過ぎると溶血性貧血になるので反芻する動物には与えないほうがよいでしょう。

その他にも現在は発ガン作用を抑える効果も期待されています。青汁の基本となることの多いケールは一年中栽培でき栄養価が高いことから選ばれているということがわかります。健康な人で健康維持のために青汁を取り入れようという人にはケールの入ったものがオススメできるかもしれませんね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ケールの青汁はコチラ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓